Neon Yup Torrid

ネオン・ヤップ・トリッド

通称 : NYT ( エヌ・ワイ・ティー )
2019年、デザイナー「 夏秀 」が中心となり新たなネオンの表現を追求するために結成。ネオン職人「 山本 祐一 」、アーティスト「 高橋 信雅 」からなるアートユニット。

ARTWORK

Briller Bread / breadworks TENNOZ
2019. Permanent works

night of falling stars / HYATT CENTRIC GINZA TOKYO
2019. Christmas works

2019年3月に天王洲アイル 「 breadworks 」 にて、7つの連作 「 Briller Bread 」 を初発表。 同年12月には「ハイアット セントリック 銀座 東京」のクリスマスツリーを制作。NYTは、今までにネオン作品にはなかった新たな提案を行っている。

1)ネオンの調光システムを提案。(基本これまでネオンには調光するという概念がなかった)これにより、光を抑えたバーや店舗などでも雰囲気を壊さずに、朝から夜まで美しく優しく光る照明として成立させた。 2)配線ダクトから直接ネオンを吊りさげる特殊な展示方法(山本氏の作品 「リトルバード」2014より)を考案。360度どの角度からでも見える設計が可能になり、デザイン表現の広がりができた。 3)ネオンにスポットライトを当てることで 「光の影」 を作り出した。新たな作品の予感。 4)店内を利用して、窓ガラスや、床など空間にある様々な素材と共鳴する、リフレクション(反射)を提案。新たな作品の予感。 5)接触距離の時の展示方法の提案。ネオン職人たちが見学ツアーを組んで作品を見にきた。 6)ガラス越しにビデオ撮影した場合に発生するネオンならではの「点滅」も広告として利用。SNS時代の新しいネオンの見え方を定義している。

NATSUHIDE

Art Direction / Designer

1990年 横浜生まれ。
幼少期に見た「Marvel Comics」に憧れ、訪米。ROUTE66 沿いのネオン看板やアート、カルチャーに大きな影響を受け作品を制作している。
近年では、CRAZY KEN BAND、TWICEなどのアートワークを担当する一方、VANSやManhattan Portageといったアメリカ発祥ブランドへのデザイン提供も行なっている。

Yuichi YAMAMOTO

Neon Works / Artist

1972年 大阪生まれ。
15才の時、アメリカンネオンアートの第一人者 「Michael Flechtner」に出会いネオンアートの魅力に引きつけられる。以来ネオンサインの製作に従事する一方、積極的にさまざまなプロジェクトに参加。 やわらかくて、やさしい、心の温度をほんの少し温めてくれる光。日々ネオンの新しい表現を模索している。

Nobumasa TAKAHASHI

Creative Direction / Artist

1973年 神奈川生まれ。
東京と鬼ヶ島に拠点を置き、やさしくニッチな作品を様々なジャンルで発表している。「ジャパニーズグラフィティシリーズ」では漫画や日本の伝統的な手法も取り込み、Microsoft、CONVERSE、TYSONSなど企業とのコラボレーションも行なっている。
近年では、Sydney Opera Houseにてライブパフォーマンス、HYATT CENTRIC GINZA TOKYOの全客室、エレベーターのキービジュアルを担当。

Neon Yup Torrid

Art unit

aka : NYT
Established by NATSUHIDE. Art unit of NATSUHIDE, Yuichi YAMAMOTO, Nobumasa TAKAHASHI. 2019

ARTWORK

Briller Bread / breadworks TENNOZ
2019. Permanent works

night of falling stars / HYATT CENTRIC GINZA TOKYO
2019. Christmas works

In March 2019, They unveiled seven consecutive works "Briller Bread" at "breadworks TENNOZ". In December of the same year, They created a Christmas tree for HYATT CENTRIC GINZA TOKYO. NYT is making new proposals of neon.

1)Proposing a neon dimming system. (Basically, there was no concept of dimming neon lights until now.) With this, even in low-light bars and shops, the lighting is beautiful and gentle from morning to night without breaking the atmosphere. 2)We devised a special exhibition method (from Mr.Yamamoto's“little bird" 2014) that hangs neon directly from the wiring duct. A design that can be viewed from any angle of 360 degrees has become possible, and the design expression has been expanded. 3)We produced a "shadow of light" by lighting up neons using a spotlight. 4)Using the interior of the store, we propose reflections that resonate with various materials in the space, such as window glass and floors. Interesting is felt. 5)Proposal of exhibition method at touching distance. As a result, the neon craftsmen have made an inspection tour and have come to see a work. 6)Neon-specific "flashing" that occurs when video is shot through glass is also used as an advertisement. It defines the new neon appearance in the SNS era.

NATSUHIDE

Art Direction / Designer

Born in Yokohama in 1990. Feeling inspired by American comics from his childhood, he visited the United States. His work is greatly influenced by the neon signs, art, and culture he saw along Route 66. In recent years, NATSUHIDE has created artwork for artists such as CRAZY KEN BAND and TWICE. He continues to contribute designs to reputable American brands like VANS and Manhattan Portage.

Yuichi YAMAMOTO

Neon Works / Artist

Born in Osaka in 1972. A chance encounter with acclaimed American neon artist Michael Flechtner at the age of 15 influenced his decision to explore neon artistic expression. Since then, Yamamoto actively participates in various projects, and commits himself to neon sign production. He continues to search for new ways to express himself with his signature brand of soft, gentle neon light that reflects his kind and soft-spoken character.

Nobumasa TAKAHASHI

Creative Direction / Artist

Born in Kanagawa, Japan in 1973. Based in Onigashima and Tokyo, Japan, Nobumasa Takahashi is a contemporary artist whose practice spans fine art to performative live illustration events. His major piece, “Japanese Graffiti Series” draws on traditional iconography to create sprawling artwork featured in museums and galleries as well as on products for Microsoft, Converse and Wacoal. As of recent, Takahashi conducted live performances at the Sydney Opera House, and was responsible for key visual pieces installed in guestrooms and elevators at Hyatt Centric Ginza Tokyo.

CONTACT